2013年04月26日

心のサプリメントは仕事も家庭も元気になります。

大小多少 報怨以徳

老子から孔子への伝えられたとされる古い言葉です。政治を司る孔子へ何を言いたかったのかは、いろんな解釈で論じられています。

私の研究からの解釈ですが、運命論として生きる上で何が大切かを書いてみました。


小は大に有り
少ないが多く在る
怨みを報いる事、功徳を積む事。

小さな劫は大きな劫となる

少ない恨みは大きな恨みとなる

恨みを抱き外に向けるのでは無く、
恨みの抱く自分への報いは、自分の仁徳へ練心を思う。



小さな親切もいつか大きく帰る。

少ない感謝もいつか多く帰る。

未熟な自分もいつか熟練される。


孔子は強く仁を説いていました。
仁を弟子達に伝える論語もあります。


話は変わりますが、次男の名前に仁をつけました。

いつか、家族や多くの人のリーダーに成るように願いを掛けてます。

image-20130426011156.png
イタリアの薔薇が咲きました。
画像ですが、皆様へ元気を与えたいと思います。
posted by セイゾン at 01:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体、ダイエット、精進料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。