2013年04月18日

魔が刺す。誰にでもあるのです。

ここいらで、ちょっと……

後で……

こんど……

言っちゃった……

魔が刺す行為は、中々ダイエットには敵となります。

しかし、対人関係では、困らせたり、嫌がられたりするものです。

さらに仕事上の関係では、有り得ない事なのです。

魔が刺した人に注意をしたら、逆恨み、言い訳、感情論が返ってくる時代かと…

魔が刺す。間が刺す。

心に潜む。善意と悪意の間。ここに隙間がちょっとある時に意志の表現が出るのです。

今日は、昼間、お菓子を一つも食べて無いからいいだろう?

2日間、お菓子を食べて無いから沢山食べていいだろう?

ここに、「そうだよ。。。。」

「また…」

魔です。

毎回、待ち合わせの時間に遅れるも、謝るも、また、遅刻。

魔です。


ストレッチが面倒。省く。

魔です。

営業マンや社会人で、付き合い方に、「お忙しそうなので連絡しませんでした。」
「お忙しそうなので、先に○○○でした」

魔です。

間の刺す人を許しましょう。
そうすれば、自分に連鎖されずに済みます。

魔の刺す人を見て許しましょう。
そうすれば、魔は近くから遠退くのです。

悪い言葉を捨てましょう。
そうすれば、間は塞がるのです。



実は、私、二食分の御飯を食べてしまいました。反省。。

image-20130418002016.png

posted by セイゾン at 00:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体、ダイエット、精進料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。