2013年03月11日

横田基地

米軍の所有地って広大な土地でフェンスで囲まれ、丈夫な門とセキュリティが厳重ですね。

以前、仕事で来た時は、ハマーの軍用車に機関銃に弾を装弾された状態で、厳重警戒体制でした。

横田基地周辺は、福生という駅があり、BAR、レストラン、クラブなどで夜の街は朝まで米兵で賑わいを見せてました。

現在は沖縄で起きた米兵による事件から深夜0時には米兵はベースに帰宅命令が出されており、0時にピタリと街から米兵は消えていました。

ベース内は、ディスコ、BAR、レストランがある為にベースから外に出る必要は無いだけと設備は整っていますから、それでいいのか分かりませんが、街は静まり返ってました。

駅周辺は、クリーニング店、床屋、雑貨屋、洋品店なども英語でカンバンが出ており、アメリカって錯覚を起こします。


トルコ人の経営するレストラン寄り、街の変わりを聞きました。
やはり私には、ちょっと危険な街に感じますが、レストランオーナーとの関わりがあるから安心しています。


不思議な感覚の街ですが、これが現実。

しかし、アメリカの子供たちは、リズム感が良く自然体で全身でリズムに乗せて動きますね。

しかも馴染みやすく、軽く挨拶もします。

戦争の無い世界はいつ来るのでしょうか?

20位から、もっと若い男の子か分かりませんが、この子もマシンガンを手に誰かに向ける日が来るのでしょうか?

ちょっと複雑な気持ちになった一日でした。

image-20130311011552.png
posted by セイゾン at 01:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。