2013年04月12日

幸せは、あなたにあります。

辛く幸せ。

近年になり、好きか嫌いか、良いか嫌かで簡単に判断するような人を見かける様に思います。

しかも、新しくもない古くから伝わる事なども、自分は知らないからといって新しい情報へと進みます。

また、古くから伝わる事があったからこそ、現在があるのですが、忘れ去られて時代は世代交代とされる人を見かける。

犠牲心から辛くも日々耐えた時代が在るからこそ、便利な世の中に成っています。

たとえ世の中は便利に成っても、親子兄弟、人間関係のには、利便性が有利にはなりません。

人は成長に見合った教育が必要であり経験が必要です。一度や二度の話し、経験では身に付かずに知っているだけで留まり、知っているけどやらない、やらずに自慢するなど不幸な考えになるのです。

聖書に四つ葉のクローバーの意味が書かれています。幸せについての意味らしく、四枚の葉について思いが込められているようです。

三枚の葉は【希望、信仰、愛】であり、また十字架であると三つ葉のクローバーであり、四枚目を持つ四つ葉のクローバーの一枚は、解読は様々ですが、近年、【幸運】をあらわしていると伝えられております。

したがって、四つ葉のクローバーは、幸せの葉と言われているようです。

☆希望とは、何でしょう。
努力であり、休まず目標に向かう事

☆信仰とは、何でしょう。
悪欲、雑欲を知る物は教えに忠誠にあり信じる事をを愛信と言い。天、自然、人を敬う。

☆愛とは、何でしょう。
博愛の心であり、万物に愛を慈愛精神的に育む。

四枚目を【忍耐】との訳もありました。

三つの葉を叶える為に何が必要なのでしょう。

幸福の訳を叶える為に何が必要なのでしょう。

【忍耐】希望、信仰、愛の三つの心の内には耐え忍ぶ精神に誘導されているのです。

嫌だ嫌いだ、知る知らない、つまらない、面白い、あれもこれも欲しい、満たされない、満たされた、これらの考え方の自己への影響わ恐ろしくも、当たり前に洗脳されてしまうのです。

若いうちに改めるも大人も、四つ葉のクローバーの意味の中に存在しているのですから、【忍耐】の言葉から姿勢を正して行きたいと聖書は語っている様に感じました。

また、満たされる事など、空気や雲を手で掴む様な物で、止む事が無く一生、繰り返す虚しい空間に彷徨うだけなのです。

四つ葉のクローバーの写真はありません。
私は四つ葉のクローバーを探す事より聖書に書かれた意味、現代社会に生きる私たちに深く心に刻みたいと思います。


マーガレットは春に開花します。
有る物を大切に大切に育て、私たち人間との関係を持ってくれます。

image-20130412232153.png







posted by セイゾン at 23:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体、ダイエット、精進料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。