2013年01月21日

欲に対する考え方

道家の古い言葉である。

七情六欲。

一般的に使う言葉では無いが、相対的な道と魔と考えてみる。心の心底から清め直す。

小さな真意でも真の「道」で正義であるが、小さくも邪悪な勢力に影響される「私」に属する。

世には、道と魔は共に現れます。

魔は「私」の中にあり
また魔が無ければ「道」は無いのである。


魔は色んな形であります。


七情とは、(喜怒哀楽愛悪欲)の七つからなり

六欲とは、(目、耳、鼻、舌、身、意)の六の根から生じる欲望をいいます。

心の魔(欲) 総ての欲望は心から生まれ、障害は心から起きます。
多くを学び、しっかりとした気持ちでいれば欲の動きを止める事が出来きます。


私たち人間は狭い範囲で物事に従事して魔は、何時も隣り合わせにあります。しかし、外にある魔よりも「私」の欲望を止めなければなりません。

反省懺悔をする事が毎日出来る事で魔を止める事になります。



今までの自分を新しく変えるには最大の方法だと言えるでしょう。



古来よりの言葉は現代でも重要視して頂きたいと願います。




自然が育む水は清らかで沢山の生命へ助けて頂いてます。

image-20130121025158.png

昨年、長野県千曲川の支流、標高1300m。
岩魚に逢える春は近い。釣れてもリリースします。生態系を崩さない為です。沢山も釣りません。2.3顔を見るだけで満足しています。




posted by セイゾン at 02:58| 神奈川 | Comment(2) | 整体、ダイエット、精進料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。