2013年01月08日

我慢をするな?

我慢
我慢な人って表現すると、きっと我慢ばかりしている人と思うでしょう。

我慢 =我(われ)傲慢(ごうまん)な人と御釈迦様の言葉で、耐える事を嫌がり自分の意見を押して、定義に反する人と、教えが有ります。

近年では、我慢しろっと強要します。
耐える事の意味で言葉にしています。

傲慢【我慢】な気持ちを捨て耐えなさい。すると耐え抜く事で精神的に養えると言われます。

本来の意味で【我慢する、我慢しろ】を使うのであれば、不適正に成ってしまいます。

【耐える、耐えなさい】忍耐力であり、精神養成する言葉にすれば愛は生まれます。

我慢には限界が生じるのは、
(がまん)と言う言葉には次が生まれない最終的な意味合いに繋がり継続する言葉には、やはり【耐える】が適しています。

耐える意味には、鍛練する言葉に連鎖されます。


だから僕は伝えます。
我慢などするな。耐えなさいと。


耐える事は鍛練と全文に書きました。
何も考えず耐えるのでは無く、石橋を叩いて基礎を積む事であり、また、同じ動作を繰り返す事からも、やがて身に付く事にも成ります。

苦しくも耐える。苦しくも我慢?

苦しくも我慢では、今にも痺れが切れてしまいそうです。

苦手な事でも理解をする為に勉強や訓練が必要です。

学びから得た事は、次に繋がり、更に学び、今の自分を変える事が出来るのです。

ある洋品店で、「あの服、我慢しよかなぁ」と、言った場合、諦めきれない気持ちを表現します。次に来た時に買う欲かもしれません。

僕は伝えます。
我慢などするな。今回は諦めなさい。

練心の為に【我慢】と言う言葉を忘れて、違う言葉を見つけてみましょう。

カタツムリパックで若返りの術(爆)
image-20130108040119.png


posted by セイゾン at 04:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病に負けず生きる証

新年を明けて治政館江戸川道場へ初仕事行きました。

月、木曜日は、3歳児から小学生のキッズクラスを1時間
みんな元気にご挨拶出来ました!
image-20130108005145.png

ジュニアキックボクシングの選手たちも元気よくスパーリング。


久しぶりに、ひとみちゃんとも新年の挨拶
image-20130108005330.png

膠原病(こうげん病)持ち、薬を飲まなければ身体中の関節が動かなくなり呼吸機能へも危険を及ぶ身体です。
それに両耳は聴こえない。
ひとみちゃんは、そんな身体でも賢明に生きています。会話は正面からなら、相手の口を見て話しが出来ます。補聴器は補助的な役割りみたいです。
子供たちに優しく指導したり良く面倒を見る。子供たちから愛され、みんなのマドンナ的な存在です。

今日は宮重式丹田呼吸法のダイエット番と背骨の伸ばし方のストレッチをやり、師範によるミット撃ちをハードにもトレーニング!

若い人たちのエネルギーが集う一年の始まりでした。

みなさん応援を宜しくお願いします。



image-20130108005553.png
posted by セイゾン at 00:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。